日本超音波学会 第40回中部地方会学術集会

会長挨拶

日本超音波医学会
第42回中部地方会学術集会
会長:安田鋭介
(鈴鹿医療科学大学大学院 医療科学研究科)

 春の暖かさを感じる季節となりましたが、皆様におかれましてはますますご活躍のこととお慶び申し上げます。
 さて、昨年順延した日本超音波医学会中部地方会第42回学術集会ならびに第25回講習会の開催をご案内いたします。微力ではございますが全力を尽くし、重責を果たす所存でございます。会期は 令和3年9月5日(日) 鈴鹿医療科学大学 白子キャンパスにおいて実施すべく、現在 鋭意準備を進めているところでございます。この機会を与えて下さいました運営委員長 廣岡芳樹先生はじめ運営委員各位に心より感謝申し上げます。
 大会テーマは、「近未来の超音波診断」としました。世界に先駆けた人工知能(AI)のデープランニングに資する日本超音波医学会発の質の高い超音波画像のデータベース構築が進められている今日、日常診療における超音波診断の精度はさらに高まることが期待されます。また、日々進歩する超音波装置の技術開発により日常診療に占める超音波検査の重要性の高まりが感じられ、検査術者には検査を行うに必要な正常解剖、生理、疾患の知識に加えて疾病を示す高品質の画像を捉えるプローブ走査技術を培うための深い造詣が必要です。本会では、各領域の最前線でご活躍の先生方にご講演をお願い致しました。皆様の知識を深め、超音波診断能の向上の一助になれば幸いです。また、必修講習会も予定しておりますのでこの機会に是非とも受講していただければと存じます。なお、本会の開催に際しましては、COVID-19の感染状況を見据えて来場者への万全の安全対策やWeb配信の活用など、十分な感染症対策を実施いたしますことを申し添えます。
 鈴鹿市は三重県の北勢部に位置し、東は伊勢湾、西は鈴鹿山脈で滋賀県、また亀山市、四日市市、津市に接しております。道路ネットワークは、東名阪自動車道と新名神高速道路、国道1号、国道23号、国道306号などの幹線道路を軸とし、名古屋市から比較的近い距離にあり、近鉄電車名古屋駅から白子駅までは40分でございます。「鈴鹿」の名は、F1日本グランプリや鈴鹿8時間耐久ロードレースが開催されるモータースポーツの聖地として、国内のみならず世界各国から圧倒的な知名度がございます。さらには、「海から山まで、豊かな自然」、「知名度の高いレジャー・集客施設」、「特色ある学科を有する鈴鹿医療科学大学などの教育機関」、「ものづくり技術」、「鈴鹿墨や伊勢型紙などの伝統工芸技術」などもございます。皆様には、もう一つの楽しみの「ひととき」を過ごし下さい。
 ここに皆様のご支援をお願い申し上げますとともに、お誘い合わせのうえお越しいただけると幸いです。多数のご応募と一人でも多くの方のご参加を心よりお待ち申し上げます。

令和3年3月吉日
日本超音波医学会 第42回中部地方会学術集会
会長:安田鋭介
(鈴鹿医療科学大学 大学院 医療科学研究科)

▲このページのトップに戻る

開催概要

第42回中部地方会学術集会

日  時
2021年 9月5日(日)
会  場
Web開催
会  長
安田鋭介(鈴鹿医療科学大学大学院 医療科学研究科)
参 加 費
2,000円(税込) ※事前参加登録制(準備中)
内  容
  • 特別講演
    「超音波デジタル画像のナショナルデータ構築とAI診断
           ― 日本超音波医学会のミッション ―」(仮題)
    講師:工藤正俊 先生(近畿大学医学部 消化器内科学)
  • ランチョンセミナー(2企画予定)
  • 一般演題(公募)

第25回中部地方会講習会(併催)

第25回中部地方会講習会(第42回学術集会と併催)を下記の要領で開催いたします。
ご出席頂いた超音波専門医、工学フェロー、超音波検査士の方には5単位の研修・業績単位が与えられます。

日  時
2021年 9月5日(日)
会  場
Web開催
参 加 費
1,000円(税込)(学術集会参加費とは別途参加費が必要) ※事前参加登録制(準備中)
内  容
  • 循環器領域
    「高齢化社会における弁膜症の超音波診断とそのピットフォール」
    講師:瀬尾由広 先生(名古屋市立大学大学院 循環器内科学)
  • 乳腺領域
    .「乳腺超音波の基礎」
    講師:柏倉由実 先生(済生会松阪総合病院 乳腺外科)
  • 消化管領域
    「消化管の急性腹症」
    講師:畠 二郎 先生(川崎医科大学 検査診断学)

2021年度 必修講習会

中止になりました

▲このページのトップに戻る

認定資格単位
について

  • 地方会学術集会および講習会において取得できる単位は次の通りです。
    区分認定資格出席単位発表単位
    地方会学術集会 専門医515
    工学フェロー1515
    検査士5 / 10注15
    地方会講習会専門医55
    工学フェロー55
    検査士55

    ※発表単位は、学会終了後の発表者データにて事務局で合算いたします。
    ※出席する地方会・回数には制約を設けません。

    注1:2019 年4 月1 日以降に認定を受けた方の単位となります。

  • 地方会学術集会・地方会講習会に参加された日本超音波医学会の会員を対象に、学会会場にて「超音波専門医」「超音波工学フェロー」「超音波検査士」の資格更新のための出席単位の登録を行います。認定カードをお持ちの方は当日忘れずに会場にお持ちください。

    予め日本超音波医学会ホームページで顔写真の登録が必要です。専門医の方でICカードの顔写真を登録されている方は、その写真を日本超音波医学会事務局で新しい認定カードの写真に登録しております。写真の確認ができない場合には点数登録ができませんので、従来通り参加証(ネームカード)を更新時にご提出ください。

    日本超音波検査学会のみに在籍されている超音波検査士の方には認定カードが発行されていないため、当日の登録ができません。資格更新時まで参加証(ネームカード)を大切に保管してください。

  • 参加証(ネームカード)の再発行はいたしません。紛失にはご注意ください。

演題募集

募集期間
2021年4月28日(水) 12:00 ~ 2021年5月27日(木) 17:00 6月13日(日) 23:59
応募方法

インターネット上でのオンライン登録となります。

  1. 下部の「演題登録」ボタン → “アカウント登録”の「新規登録を開始する」ボタンにてアカウント登録を行ってください。アカウント登録が完了すると、アカウント登録完了メールが送信されますので必ずご確認ください。

    ID(登録されたメールアドレス)とパスワードは必ず控えてください。
    演題登録画面のアクセスに必要です。
    事務局ではID・パスワードのお問合せには応じられませんので予めご了承ください。

  2. アカウント登録完了画面の「メニューページへ」ボタン → 「一般演題の新規登録を行う」ボタンより、案内に従って下記のご登録をお願いいたします。
    • 所属情報:所属機関名・部署名等(全員分、最大20施設まで)
    • 著者情報:氏名・フリガナ・本学会会員番号(全員分、最大10名まで)・発表者の選択
    • 著作権・倫理規定・個人情報の記載・利益相反・抄録の開示について
    • 演題情報
      - 演題名(全角50(半角100)字以内)
      - 抄録(全角800(半角1600)文字以内)
      - 講演分野(基礎/循環器/消化器/表在/泌尿器/産婦人科)
      - 新人賞エントリー  ※登録画面にて必ず応募資格等をご確認の上、お申込みください。

    ご登録後、登録完了メールが届きますので必ずご確認ください。

  3. 演題登録後、締め切り前までは何度でも登録内容の修正が可能です。
    ご登録演題の修正は、下部「演題登録」ボタン → ID・パスワードを入力して
    「ログイン」 → 登録済み欄の該当演題をクリックし、修正を行ってください。
演題登録に進む 演題登録に進む

[受付は終了しました]

採否通知
演題締切後、約1か月程度で事務局よりご登録のメールアドレスへご案内いたします。
予定時期を過ぎても事務局からの連絡がない場合は、迷惑メールフォルダ等をご確認頂くか、お手数ですが事務局へご連絡頂きますようお願い申し上げます。
発表方法

PCによるプレゼンテーションとなります。

申告すべき利益相反(COI)状態の有無に関わらず、ご発表スライドの1枚目にて開示をお願いいたします。詳細は、日本超音波医学会Webページの「利益相反委員会」をご覧ください。

▲このページのトップに戻る

お問い合わせ

日本超音波医学会第42回中部地方会 運営事務局
株式会社セントラルコンベンションサービス内

〒460-0008名古屋市中区栄3-19-28
TEL: 052-269-3181(平日9:30~17:30、土日祝休み)   FAX: 052-269-3252
E-mail: uschubu42[a]ccs-net.co.jp

▲このページのトップに戻る

リンク

▲このページのトップに戻る